« ドイツふら~りっ旅 Bad Reichenhall(秋編) | トップページ | ドイツをすこ~し超えた旅 Salzburg(秋編) »

ドイツふら~りっ旅 Salzbergwerk(秋編)

2008_005_3 Salzzeitreise(岩塩抗) ★★★★★

Berchtesgaden(ベルヒテスガーデン)から、音楽祭で知られるSalzburg(ザルツブルク)にかけてのこの地域は、大きな岩塩層が地下に広がることから、ヨーロッパ随一の“塩の産地”としても知られているようです。岩塩抗のある街Berchtesgadenは、オーストリアのチロル地方に「チョン!」と突き出した鼻先の位置にあって、200m級のアルプスの山々に囲まれていて豊な自然に恵まれた美しいところでした。

落ち葉の絨毯の街道を車で走ること30分・・・長閑な牧草地を過ぎると岩塩採掘場として観光名所となった岩塩抗がありました。

チケットを入口で購入、入場ゲートを抜けてお揃いの抗山労働者の制服?(黒地に発光ラインのついたつなぎ)を着て、抗山トロッコにまたがってまずは写真を「パチリッ」camera  トロッコに定員いっぱい乗り込んだらいよいよ出発進行dash  トロッコは狭くながい下り坂の坑道を走り抜け、ほのか~に光っている岩塩の洞窟でトロッコは停車。 「どっこいしょ」とトロッコを降りると、第1のアトラクションの“滑り台”老若男女、次々に滑り下りて行きます。 途中カメラのフラッシュが光るのを発見!でも、カメラ目線どころではなく「ギャ~~~ッ」と放心状態で到着。だって、後ろが夫だったんですが思いっきり肩を自分の胸に引くもんで・・・体を倒せば倒すだけスピードが増してたんけど~~~悪魔sweat01(前にいた娘の事・・・忘れていました。)

岩塩抗探検はまだまだ続きます。とても愛想のいいおじさんがガイドツアーをしてくれますが、ドイツ語説明なので私達家族は数人のドイツ語の苦手な方たちと、英語の説明のテープが流れるのを待ち進行して行きました。 その後も第2の“滑り台”があり、かなり嫌がってた私を見て、ドイツ人のおばさんが「階段があるわよ~」って教えてくれたけど、階段の幅は狭くかなり急だったので「どっちもどっち」リベンジをかけて再挑戦!「ウギャ~~~ッ」 叫びました・・・とは言え、見学者の好奇心を満足させてくれましたねェ~アドベンチャー気分100%flair その後、神秘的に光る地中湖に着き神秘的な靄と光のショーの中を、静かに引かれて行く筏(いかだ)に乗ると、さっきまでの滑り台の恐怖は消え、夢の世界に引き込まれていました。

地中湖を渡り宇宙ステーションの様な塩の展示室で見学・・・ 帰路も抗山トロッコに乗り探検ツアーの終了でした。 ガイドのおじさんのあいさつ(やはりドイツ語)があり、おじさんにチップをわずかばかり渡すとお土産に親指ほどの“Marken Jod Salt”をもらいました。いや~っ。なかなか思い出に残る楽しい岩塩抗探検でしたheart01

さぁて。次の観光地はSalzburg(ザルツブルク)です。

Salzzeitreise(岩塩抗)に関するホームページはこちら → http://translate.google.com/translate?sourceid=navclient&hl=ja&u=http%3a%2f%2fwww%2esalzwelten%2eat%2fcont%2fsalzwelten%2fsalzwelten%5fsalzburg%2easpx

|

« ドイツふら~りっ旅 Bad Reichenhall(秋編) | トップページ | ドイツをすこ~し超えた旅 Salzburg(秋編) »

旅日記:ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/24676638

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツふら~りっ旅 Salzbergwerk(秋編):

« ドイツふら~りっ旅 Bad Reichenhall(秋編) | トップページ | ドイツをすこ~し超えた旅 Salzburg(秋編) »