« ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅱ | トップページ | ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅳ »

ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅲ ベルリンの壁

20096_022 残されたベルリンの壁 ★★★

6月12日(金曜日) 昼の部

Potsudamer Platz(ポツダム広場)前で観光バスを降りると、広場には“ベルリンの壁”の一部が残されていました。ここは、ちょっとした屋外の壁博物館の様で、国外からのたくさんの観光客がこの壁の前に立ち、にこやかな笑顔で写真を撮っていました。

私は、彼らはどんな気持ちでこの壁を見ているンだろう・・・噛んだ後のチューウィング・ガムが壁の側面にくっつけられ、「どんな意味があって押し付けたのだろう」と何故かそればかりが引っ掛かって・・・

20096_024 薄くて厚い壁 ★★★

ポツダム広場周辺には近代的な建物が建ちならび、その中に残された高さ4m位?厚さは人の横幅程もない“ベルリンの壁”が、とても冷たく、分厚いものに感じました。

20096_021_3 “ベルリンの壁”はもっと広い範囲に建てられ、東西を分断していたのかと思っていましたが、東ドイツの中にベルリンがあり、更にベルリンの街のほんの一部に西ベルリンが存在し、西ベルリンを囲むように壁が造られていたとはまったく知りませんでした。

ベルリンの壁の前に私も建ちましたが、果たしてどっちの壁の面が東・西?を向いて建ってたのでしょう・・・?勉強不足のまま“ベルリン旅”に向かったことを、今回ばかりは後悔することになりました。

ベルリンの壁についてのHPです⇒http://www.mauer.jp/top_j.html

|

« ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅱ | トップページ | ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅳ »

旅日記:ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/30534914

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅲ ベルリンの壁:

« ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅱ | トップページ | ドイツふら~りっ旅 Berlin編 Ⅳ »