« ドイツを超えた旅~London編Ⅶ (新春ミュージカル) | トップページ | ドイツを超えた旅~London編Ⅸ (魔法学校へ~) »

ドイツを超えた旅~London編Ⅷ (食べ歩記!)

『レ・ミゼラブル』のミュージカルシアターは、チャイナ・タウンのすぐ側。お昼ご飯代わりに歩きながら肉まんにカブリツキ娘もご満悦。

夕食は少し早めに『小籠包』で人気?らしいお店に・・・

Cimg1725 ガラス張りの厨房?の中で、手際良く『上海小籠包』を包む職人さん。娘はガラスに貼りついて頬っぺたを緩めて見ていました。

上海小籠包は上海市の無形文化遺産に登録しているとは知らなかった・・・。以前、「小籠包は肉汁をそのまま食べるからカロリーが高く健康的な食べ物ではない」って言ってたのを聞いたことがありますが、めちゃくちゃたくさん食べるわけではないから、そんなことは気にしません~。

上海小籠包レポートの動画です~小籠包「包み体験」のレポーターの「髪の毛」が不衛生な感じで気になりますが・・・よろしければどうぞ!

http://www.youtube.com/watch?v=eiGJPx_77C8&feature=related

小籠包の食べ方にはいろいろあるみたいですね。正しい食べ方はどんなのかな?

私は、レンゲの上に小籠包を箸でつまみのせ、結び目のヒダ部分を前歯で少し噛み切ります(ちょっとだけ中の具が見える程度)。そして開いた穴の中に「黒酢」をチョロリと流しいれ、丸ごと口の中へ~黒酢で肉汁の温度が下がり、口の中に入れても熱くないし、肉汁をこぼすことなく食べれます~。

一蒸籠に6個入ってました・・・。「ンマッい」無言で食べます・・・。写真を撮るのを忘れてました。

Cimg1703 道端でブルスト(ドイツ語)を焼いていました。(満腹なのに匂いに負けそう)それと一緒に乱切りした玉ねぎに軽く塩コショウして!どうやって売るのかしばし眺めてたら、パンにブルストと玉ねぎを挟んで「どうぞ~」していました。

シンプルだけど美味しそう~。

こうくれば、ダイエットなんて気にしません!食べて充電ですflair

Cimg1631 イギリスは海に囲まれているので美味しい魚介類が食べられる?期待は膨らみます。

大好物の牡蠣を求めて~シーフード・レストランへ。でも随分小降りな牡蠣・・・。フランスで食べた牡蠣はこの3倍はあったハズ。だけど牡蠣は牡蠣!レモン汁をたくさん絞って食べました。磯の香りが口の中に広がって幸せ~。旅行中牡蠣にあたってはいけないので、白ワインを飲みながらお腹の消毒。果たして効果はあるのでしょうか?

ちなみにユッケにあたったことがありますが、未だかつて牡蠣にあたったことはありません。(ワインの効果かしらぁ?)

Cimg1632 小鰯のから揚げです!ギリシア料理にもあったな~。私は小鰯はから揚げにしてマリネにつけるのが好きちょっと味は塩っぱかったけど、骨ごとバリバリ食べれて「カルシウムたくさん吸収」しました。

Cimg1633 見た目は何だか美しい感じはしませんね。タンシチューのようにも見えますが、「デザート」です!

スフレに暖かいキャラメルソースのかかったお菓子で、魚介料理を食べた後には最高の選択でした。「ほっこり」幸せ気分です。

3月中旬には娘の卒業式・・・わずかな枚数しかないスーツ・・・無事に着こなすことができるのでしょうか?不安がよぎる・・・。

|

« ドイツを超えた旅~London編Ⅶ (新春ミュージカル) | トップページ | ドイツを超えた旅~London編Ⅸ (魔法学校へ~) »

旅日記:イギリス」カテゴリの記事

食いしん坊日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/38618541

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツを超えた旅~London編Ⅷ (食べ歩記!):

« ドイツを超えた旅~London編Ⅶ (新春ミュージカル) | トップページ | ドイツを超えた旅~London編Ⅸ (魔法学校へ~) »