« 遠い日本を思う・・・ | トップページ | ドイツ思いつき旅~Zugspitze編Ⅱ »

ドイツ思いつき旅~Zugspitze編Ⅰ

3月26日(土曜日)

「このチャンスを逃せば、ドイツで逢うことが出来ない~!」知人がMünchenの南のZugspitzeでスキー旅行を楽しんでいることを聞きつけ、急遽我々も~

急いで荷造りをし、車に乗り込み・・・数分の時間も惜しみ現地へ向かうこと(約5時間)朝から何も食べていなくって、途中お腹がすき「マック」に入りましたが、段取りの悪い方だったために30分の時間ロス・・・(夫激怒)

「一緒に食事だけでも出来れば」との考えだったはずなのいに、カーナビの到着時間の表示が縮まる度、夫は何やら執りつかれたようにアクセルを踏むのです・・・血走った眼が恐ろしかった・・・

14:00到着。残念ながら、この日はスキーを楽しむことは出来ませんでしたが、19:00ドイツでの念願の晩餐会。

そして晩餐も終わりごろ、心地よい音色が耳に~note

Cimg2649_2 レストランの中庭に出ると結婚式最中。『アルプホルン』の演奏が行われていました。素敵~しばらく風にあたることに。

Alphorn(アルプホルン)ともAlpenhorn(アルペンホルン)とも呼ばれていて、スイス・アルペン地方の民族楽器で、深雪により自然に曲げられた曲がり木を使ってこの楽器は作られているそうです。

そもそも、アルプホルンは酪農家たちの生活に使われていたもので、乳搾り前の牛の気持ちを和ませるために吹かれていたとも・・・広い草原に放された牛や羊たちを、牧羊犬はこのホルンの旋律で操っていたとも・・・

フルートやリコーダーなどの様な、音程を決める為の「バルブ」や「指穴」がなく、音を出すには奏者の唇の動きと音感が頼りだとか?

温かみのある柔らかな音色は、心を和ませ癒してくれる~それは心地よい音でした。

こちらの動画でアルプホルンの音色をお楽しみくださいpresent

http://www.youtube.com/watch?v=s5XXywynrjw&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=w7Yl715RatQ&feature=related

Cimg2660 そして、結婚式のクライマックスは「風船飛ばし~」

風船の紐の先に線香花火が付けられていて、焚き木の火を灯し空に放すのです~始めて目にした結婚式のスタイル~

どうぞいつまでも「お幸せに♬」

そして、〝Kさんご家族〟ご家族でのんびりと楽しい旅行のご予定だった事と思いますが、私たち家族の突然の押しかけにも快く迎えてくださいまして「ありがとうございました。」わずかな時間でしたが、とても楽しい時間が過ごせました。ドイツで最初で最後の出会いとなってしまいましたが、どうぞ日本でもお元気で~。そしてまたの再会を楽しみにしています。

|

« 遠い日本を思う・・・ | トップページ | ドイツ思いつき旅~Zugspitze編Ⅱ »

旅日記:ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/39523886

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ思いつき旅~Zugspitze編Ⅰ:

« 遠い日本を思う・・・ | トップページ | ドイツ思いつき旅~Zugspitze編Ⅱ »