« 2011クリスマス・マルクトめぐり~Freiburg編 | トップページ | 2011クリスマス・マルクトめぐり~Speyer編 »

2011クリスマス・マルクトめぐり~France Strasbourg編

11月27日(日曜日)

Gerfra_map

クリスマス・マルクトめぐり旅2日目。ライン川右岸の南ドイツのフライブルクから、ライン川左岸のフランス北東の街『Strasbourg/ストラスブール』に向かいます。

Cimg5532

ストラスブール訪問は4回目、でもクリスマスマルクトは初めてで、ドイツと違った雰囲気が楽しめるかと「ワクワク」します。・・・だけどストラスブール2度目の訪問で「駐車場事件」の苦い思い出があるので、駐車場閉門の時間を厳重に確認!

その時の様子はこちらのブログで~↓

http://schokola-001.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_b975.html

Cimg5525

駐車場をあがってすぐの広場では、スイス国PR会場が~Alpenhorn(アルペンホルン)のやさしい音色が会場内に響き渡っていますnotes

Cimg5530

大聖堂前広場がクリスマス・マルクトのメイン会場~

会場にはたくさんのクリスマス・グッズを並べた屋台があり、真っ赤なサンタさんのコスプレ?衣装がやたら目をひきます~

Cimg5534

建物のクリスマス飾りはクッキーマンの飾り付けが「可愛い~っ」

Cimg5548

大聖堂から少し歩いたところにある『Place Kléber/クレベール広場』には、それはそれは大きく立派なクリスマスツリーが!!xmas

ストラスブールは『もみの木のクリスマス・ツリー発祥の地』で「クリスマスの首都」とも呼ばれています。そしてフランス最古の歴史あるクリスマス・マルクトの地でもあり、およそ440年も続けられているそうです。

Cimg5559

この広場を遠くから望と「箱庭のような街並み~」 ライトアップされたツリーと街並みが見てみたかった~

さらに、どんどん街の中を頑張って歩きます~shoe

Cimg5543

ストラスブールの西側のイル川が分岐しているエリアに、中世のフランスの古い街並みが保存されている『Petite France/プティット・フランス』があります。

1988年にはこの地区を含む『ストラスブール旧市街』がユネスコ世界遺産に登録され、人気の観光スポットとなっています。

Strsburg001

アルザスの伝統家屋が密集している川沿いには、切妻屋根(山形に組み合わさって出来た屋根)の木組みの家~が、入り組んだ水路に密集して建っています。その昔、この川沿いの家には皮なめし職人さんたちが住んでいたとか?

おさげ髪をした女の子が、窓から顔を覗かせそう~な雰囲気の家だと思いませんか?

Cimg5562

あっちこっち「グルグル」・・・

時々立ち止まり、小首を傾げている夫・・・

「エスカルゴとか、フォアグラしかないぞぉ」っと・・・私はそれでももちろんいいけど「値段もいい!」なので却下!

街中散策というより、レストランを探しまわっていたんです・・・

色々歩きまわりましたが、結局は大聖堂のある通りにまで戻って来て「なぁんダ~」って感じ!

ストラスブールに来た目的は~「コレ!」

Cimg5561

今年初のご対面の「生牡蠣」restaurant

牡蠣の身は「ぷりぷり」で、磯の香りが「ホワァ~ン」と広がって「シアワセ

でも・・・生牡蠣にどうしてバターが付いてくるんだろう?

何時も疑問なんですが・・・

レストラン入店から退店まで2時間。随分のんびり・おっとりした店員のおばさんでして~時間に余裕のない時はこの店には入れない・・・ですね。

娘は手付かずの宿題があるらしく、ヤヤ焦り気味。

「さて!」頑張って家を目指しましょうrvcar

|

« 2011クリスマス・マルクトめぐり~Freiburg編 | トップページ | 2011クリスマス・マルクトめぐり~Speyer編 »

クリスマス日記」カテゴリの記事

ユネスコ世界遺産巡り日記」カテゴリの記事

旅日記:フランス」カテゴリの記事

食いしん坊日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/43235148

この記事へのトラックバック一覧です: 2011クリスマス・マルクトめぐり~France Strasbourg編:

« 2011クリスマス・マルクトめぐり~Freiburg編 | トップページ | 2011クリスマス・マルクトめぐり~Speyer編 »