« ユニークな像~Bad Harzburg | トップページ | ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅰ Zagrebの夜 »

絵本の街~Wernigerode

12月26日(月曜日)

「旧東西ドイツ国境」に跨る『Brocken/ブロッケン山』の麓には、古い家並みのそれは色鮮やかで綺麗な木組みの家が残されている『Wernigerode/ヴェルニゲローデ』の街があります。

街の入口から見える山の頂には『Schloß Wernigerode/ヴェルニゲローデ城』が街を見下ろしています。標高350mの山頂に建てられた城は初代ヴェルニゲローデの公爵が1110年から10年の歳月をかけ居城として建てました。その後所有者が何度か変わったり、神聖ローマ帝国を舞台とした「三十年戦争」で荒廃したり!といった変遷を経て、1858年に当時のオットー・トルベルク・ヴェルニゲローデ伯爵の手により改築され、現在の形として残されています。

・・・とは言っても下から見上げただけで、この城まで行ったわけではありませんが。

Wernigerode011

「ヴァルプルギスの夜」という伝説の4月30日の夜。ハルツ山地の最高峰ブロッケン山で「魔女たちが冬の終わりを祝って悪魔と饗宴を催す」という伝説が語り継がれているのがわかるくらい、写真撮影をする時「いきなり真っ黒な雲が!」

まるで「眠り姫」が魔女に魔法をかけられた瞬間みたいにnight

Ihgdmkcqm

この街に集まる観光客の楽しみのひとつに「SL列車旅」があります。

「がっ」。SL列車旅を楽しむなら暖かい季節に再び~

Cimg6193

ヴェルニゲローデ駅からはハルツ地方を走る「SL列車旅」の出発駅でもあり、またブロッケン山行きの蒸気機関車が引く狭軌鉄道が長い時間遮断機を降ろしてゆっくりと汽笛を鳴らしながら通り抜けていきます。

夫:「機関車が来るぞ~走レ!」

私:「ブーツ履いとるけ走れん。」

気持ちは走ってたけど、後ろで誰かが引っ張ってるみたいに差ほど前に進んでない!結局「SL列車」はカメラを構えたときにはカーブを曲がるところで・・・

私:「キョエッ~((((;゚Д゚))))」

後で映像を確認していた夫が一言。

夫:「何だぁ。撮れてないんだぁ~」

私:「今度シバイたるわ~ヽ(`Д´)ノ」虚しくも心の声しか発せられなかった・・・

貴方が楽させてくれている御陰で、コレっぽっちの距離も走れなくなってしまいました~sweat01

Cimg6197

馬車。Bimmelbahn(ビンメルバーン)。Schlossbahn(シュロスバーン)。といった観光の足も幾つかあり、観光の時間と足の状況にあわせてチョイスするのもいいかも~。次回来る時にはヴェルニゲローデ城にも足を伸ばしたいので、「カッコンカッコン」と馬車で~

Wernigerode012

東西にドイツが分断されていた時代にはヴェルニゲローデは「東ドイツ」であったため、政治・経済状況も芳しくなかった東ドイツ時代。1990年ドイツの再統一時分、旧東ドイツのどの街の歴史ある建物は荒れ果てた状態でしたが、この街の市庁舎周辺の家々は比較的保存状態もよかったと言われています。

Cimg6178

マルクト広場の建物は「絵本の中」に出てきそうな街みたいにとっても可愛いらしいです~

一番目を惹かれるのが広場のアイドル?「トンガリ帽子を左右にかぶった屋根(エルカー塔)」の『Rathaus/市庁舎』です。

この建物は1492年~1497年に建てられ、裁判所・結婚式場・娯楽施設として利用されていたそうです。残念なことに1543年に全焼してしまいますが、1544年には早くも再建されました。

窓を開けて可愛い女の子が「ひょっこり」顔を出しそうな~

Wernigerode013  Cimg6186

市庁舎の外壁には木彫りの装飾が施されていれ、なんともユニークな♫

Cimg6181

マルクト広場にはカフェが並び、寒い季節でもテラス席でカプチーノを飲む人でいっぱい~

Cimg6173 

『Breite Strasse/ブライテ通(巾の広い通り)』は、この街のメイン・ストリートで木組みの建物がブティックや携帯電話販売店だったり~と、新旧入り交じっていて不思議な雰囲気。

Cimg616700

私を置いて娘と「タッタカタッタカ」歩いていく夫が立ち止まり私を待ってくれているのかと思えば・・・

娘:「お父さんがカメラ盗まれて持っとらんから、写真撮って欲しんだって~ぇ」

私:「何ねぇ。待ってくれとるんやなかったん~」

それでも優しい私は、夫の趣味の一枚を撮影することに。

「後で写真が欲しい。」と言ってたけど、その後何にも言ってこないねぇ~きっと忘れてるのかもぉ?

この車、確か「ダンボールで造られている車・・・sign02」 とか何とか言ってたような?「サラーッ」と聞き流してたから「ふーん」って感じでしたが、そんなのありえるのかな?ひょっとして聞き違い?

でも見るからに古そうな車。現役で今だに走ってる車なんでしょうね~ヴェルニゲローデの街の雰囲気に似合った車にも思えます。

|

« ユニークな像~Bad Harzburg | トップページ | ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅰ Zagrebの夜 »

旅日記:ドイツ」カテゴリの記事

コメント

お城、SL、中世の街並み・・・
どれを見てもイイな、テレビ「世界の車窓」からを見ているようです。

投稿: しゅうちゃん | 2012/01/06 12:27

>しゅうちゃんさんへ

ドイツは日本よりも少し小さな国ですが、不思議な街・美しい街はまだまだたくさんあります。
次回はSLに乗ってこの町を!ブロッケン山を歩き!そして魔女祭りを体験してみたいです。

投稿: しょこら | 2012/01/13 08:06

こんにちは。ドイツときいて見に来ちゃいました。
このお城、迫力ありすぎ~~~!

かわいい建物はドイツですねー。ウィーンに住んでましたが、かわいさはドイツのほうが断然上です。ウィーンのはハプスブルグの好みなのか、重厚です。

ダンボールで作られている車!夫がなんか言ってましたよ。トラバントでは?今でも走ってるんだ?これかな?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88

投稿: 猫まんな | 2012/01/13 08:44

>猫まんなさん

段ボールの車情報ありがとうございます。
段ボールで出来てる車なんて「スゴイ!」

投稿: しょこら | 2012/01/16 18:44

おはよう~
ドイツの町並み本当に素敵な建物がいっぱいで
童話の世界のようですね

段ボールでできている車なんて凄いのに走るなんて
……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

投稿: ゆめちゃん | 2012/01/17 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/43646646

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本の街~Wernigerode:

« ユニークな像~Bad Harzburg | トップページ | ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅰ Zagrebの夜 »