« ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅺ グルグルZagreb散策   | トップページ | ドイツ病院事情~私の場合♬ »

日本へ緊急一時帰国~叔父を偲んで

Cimg6527

年明けから日も浅い頃~。日本に住む姉から仕事中の夫に一報が入った・・・そして、内容を私に伝言。

外国航路の船員で、年中家を留守にしていた父に代わり、私と姉を父以上にとても可愛がってくれていた、母の一番下の弟(叔父)の突然の訃報・・・

日本を離れて4年。ご無沙汰しているにも関わらず、毎年娘にお年玉を送ってくれ、2年前の春、日本に一時帰国した時にも体調が悪いにも関わらず、わざわざ逢いに来てくれるほどでした。

広島の原子爆弾投下で父親を亡くし、母たち兄弟は父親を亡くした悲しみを抱え、貧しさと戦争で大変な思いをしていた時代の最中に誕生した「大切な小さな命の誕生」に、誰もが笑顔でいっぱいになった~と聞いています。

父親を知らないで育った叔父でしたが、子供たちをそれは大切に育て、そして私たちにまで愛情を注いでくれ感謝でいっぱいです。

そんな叔父が・・・

姉とSkypeで話し、お互い時々声が詰まってしまって・・・

夜、帰宅した夫が「日本に帰ったら?」の言葉につれなく私は「帰らん!」と断固として言い張ったまま浅い眠りにつきました。そして眠ったような眠ってないようなスッキリしない頭と気持ちが落ち着かないまま、憎らしいほどの晴天のフランクフルトの朝を迎えました。

そして、娘を膝に乗せ娘の胸の中で泣きました・・・。

「お母さん、日本に行ってくるわ・・・」

娘は「お母さんの思うようにしたらいいよ」と、そーっと頭を撫でてくれました。

Cimg6528

そして、そこからが準備で大変!

往復の航空券の手配。

娘の学校へ持っていくお弁当の保存食作り。

荷物の準備。

日本円をかき集め~

そして夕刻。夫と娘に見送られ飛行機に乗り込みました。

Cimg6547_3

機内でも一睡もできないまま、叔父の思い出を回想しなんとな-く機内上映ビデオを眺め、機内恒例の「飲んで食べて」家畜状態の約12時間を過ごし、成田に到着。

そこからがまた大変だった~。

成田から福岡空港行の飛行機の出発時刻まで、約4時間の待ち時間。

その間、携帯電話をレンタルし、福岡空港に向かう飛行機の搭乗手続きをし荷物を預け・・・それでも時間はまだまだ!手荷物検査の係りのお姉さんに「この中に入って何か時間をつぶして楽しめるところがありますか?」と聞くと、「この中に入ってら、ラーメンやおにぎりなどの軽食しか食べるところがないので、国際線ロビー4階に行くとレストランやお土産屋さんもありますよ」と、笑顔で教えてくれました。

早速向かい、ちゃっかり家を出る前に娘から預かった「お土産リスト」を早速チェック!ご当地キーホルダーに、横にでっかく成長した娘への洋服・・・等々、2年ぶりの日本でのお買い物に汗しました。

そして、久し振りの日本で食べた最初の食事は何故ゆえに「おろしポン酢味・たこ焼き」でした。人間どんなことがあっても、おいしいものを食べると「ホッ~つ」と落ち着くものですね。

23時。福岡空港まで姉と下の娘が迎えに来てくれ、思い立って家を出て約20時間後~叔父にやっと逢えました・・・。

あれから2か月~

天国ではお父さんに逢えましたか?

きっと、お酒チビチビ飲みながら、これまでの出来事を面白おかしく語って聞かせているのでしょうね。

|

« ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅺ グルグルZagreb散策   | トップページ | ドイツ病院事情~私の場合♬ »

旅日記:日本」カテゴリの記事

コメント

叔父さんも喜んでいることでしょう。
合掌。
ところで、塩豆大福はこの帰りに全部お腹に入ったのですね。

>しゅうちゃんさんへ

叔父に最後のお見送りが出来て本当によかったです。
今回ほど日本が遠いと感じたことはなかったです。
塩豆大福少し甘くて、ほんのりしょっぱくて・・・
この時の気持、そのままの味でした~。

投稿: しゅうちゃん | 2012/03/09 14:53

そんな出来事もあったんですねぇ・・・。
こうして偲んで下さる方がいると、故人も喜んでいらっしゃることでしょう、きっと・・・。
フォローして下さるご家族も思いやりがあって、暖かいファミリーですねぇ。

>又左衛門さんへ

日本を離れ、家族とのつながりの大切さをとっても感じています。
叔父が夫や娘のさり気ない優しさを感じる機会を与えてくれ
日本の年老いた両親にも合わせてくれる機会おも与えてくれました。

投稿: 又左衛門 | 2012/03/13 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/44428410

この記事へのトラックバック一覧です: 日本へ緊急一時帰国~叔父を偲んで:

« ドイツを超えた旅~Croatia編Ⅺ グルグルZagreb散策   | トップページ | ドイツ病院事情~私の場合♬ »