« 喧嘩の「種」 | トップページ | ドイツを超えた旅~Poland編    石壁に囲まれた小町 »

ドイツを超えた旅~Poland編    一緒に帰ろぉ

5月17日(Donnerstag)

この日はドイツでは『Christi Himmelfahrt(キリスト昇天祭)』のために祭日で、娘の学校も4連休~翌週に「中間テスト」を控えているにも関わらず、冬休み以来の家族旅行に出かけてきました。

Cimg7272

ドイツのクリスマス・マルクト屋台で『ポーランド食器』を知って以来カエルの卵とも魚の目玉とも見える「不思議な絵付け」の虜になってしまい、今回は買い出しを兼ねて・・・

向かった先はポーランドの『Bolesławiec』

フランクフルトから車でおよそ6時間~

ドイツ国境を越え、ポーランドに入国!そして1時間ほど進むと『Bolesławiec』の小さな町があります。

Cimg7093

街の入り口には「ポーランド食器を巨大化させたオブジェが!」

ポーランド食器店舗の庭先にもオブジェがお出迎えです~

Cimg7094 Cimg7130

町中の「アチコチ」ではレンガ造りの煙突が背比べをしながら、白い煙を吐き出して元気よく働いています。

ポーランド食器のお店屋さんもいくつもあって迷いそう~

ポーランド食器ShopのHPです⇒http://www.ceramicboleslawiec.com.pl/index.php?dzid=72&did=85

各店舗ごとに「ビミョウに食器の形や絵柄が違うような・・・」お好みの食器を探していくつか店をハシゴしました。

「いったいどの子が我が家に来たいのかな~?」

同じ絵付け方法だけど、一枚一枚も「ビミョぉ~」に絵柄が異なっていたり、色の濃淡も違っていたり・・・

だからコソ、選ぶのに熱と力が入ります!

Cimg7274

お皿をひっくり返して裏っかわを見ると『HAND MADE』の手書き焼き字に作者のサインがpencil

こうやって「サイン」が書かれていると、真心を込めて造られた作品~って伝わってきて、とっても重みと温かみを感じます。(この食器・・・結構重たいです~)

「大事に使いますね」sun

Cimg7131

倉庫のような店舗内にはズラリっ~と棚が並び、そこに所狭しと食器たちが積み上げられていて「吟味」して探すのに一苦労!夫の背負っているリュックが「食器に当たって落とさないか?」とこれまた心配。娘には「必要以上に触らんでぇ!触るんやったら注意してよぉ~」とドキドキもので品定めです!

足元にも「お皿が山積み・・・」

よろけて壊さないように注意!注意!

値札表示代金を4で割ってユーロ通貨に計算しなおして~。さらに100掛けて日本円で計算してみて~「日本で買うとこの3倍はするわぁ~」「ドイツで買うよりも断然安いわぁ~」

・・・そう判ったら日頃堅実な私もどんどん欲しくなりそう!

心の声・・・「無駄遣いは駄目よぉ~」bell

『娘&夫/私』の二手にわかれて皿だけに「目を皿にして探します~」(ここで笑ってください)

掘り出し物を探しているようでとても楽しかった~。

そして我が家に一緒に帰ってきた「仲間たち」heart

Cimg7266 Cimg7267 ナゼ故に2つも水差し

Cimg7270_2 カレー皿になる筈♬

Cimg7271_3 ケーキ皿とかに~

Cimg7275_3 家族のMyカップたち

Cimg7276_4 見たまま!レモン絞り器

「さ~てっ」どんな料理がこのお皿にのせられるのか楽しみです。

|

« 喧嘩の「種」 | トップページ | ドイツを超えた旅~Poland編    石壁に囲まれた小町 »

旅日記:ポーランド」カテゴリの記事

コメント

すてきな食器ですね。
田舎物なので(o^-^o) ポーランド食器、初めて知りました。
海外生活が長くても、円換算して判断するんですね!

>しゅうちゃんさんへ

ポーランドの人たちの素朴で温かみのある人柄が、食器一つ一つに表れているような~
ドイツの4分の1程の物価で、飲食代金の安さにも「びっくり」
でも・・・未だに日本円に換算してつい計算してしまいます♬

投稿: しゅうちゃん | 2012/05/22 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/45366761

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツを超えた旅~Poland編    一緒に帰ろぉ:

« 喧嘩の「種」 | トップページ | ドイツを超えた旅~Poland編    石壁に囲まれた小町 »