« 赤ずきんちゃんの故郷へ~ | トップページ | ドイツを超えた旅~Holland編   おなかのへるうた »

ドイツを超えた旅~Holland編   花いちもんめ

6月16日(Samstag)

Maastrichtmap_5

フランクフルトから車でおよそ4時間(途中ドイツ・デュッセルドルフでラーメンを食べるために寄り道したので遠回りをしてしまいました~)

オランダ南東の端っこにあり、もう少し足を延ばせばベルギー!という所に位置する、オランダはリンブルグ州の『Maastrucht/マーストリヒト』の街を訪れました~

Cimg7554_3

“Trajectum ad Mosam”(マース川の渡河地点)と呼ばれているこの街の外れでは、紀元前1200年~紀元前500年の旧石器時代の遺構が発見されて、オランダ国内では「最古の街」といわれています。

早速、街中散策へ~shoe

Cimg7500

いきなりお出迎えしてくれたのが「女性バージョンの信号機」。日本国内ではどの信号機のアンペル君は同じだったかな?ヨーロッパの国や同国中でも街によっては信号機のアンペル君も違っていたりして、ちょっとした旅の写真コレクションになったりして楽しいです~。

ポニーテールをなびかせて、颯爽と横断歩道を渡りましょう~

Cimg7520

通りのパン屋さんでちょっと懐かしいパン?を発見eye

子供のころによくおやつで食べていた、佐賀県の郷土銘菓「丸ぼうろ」を大きくした感じ~。懐かしい口触りで、オレンジ・マーマレード風味だったけど、とっても美味しかった~

これを頬張りながら、通りをひたすら真っ直ぐに進みます。

Cimg7521_2 Cimg7523

石畳の通りに「2羽の鴨」がお互いに寄り添って~夫婦かな?

仲良しだね~ぇ

でも、手に持っている先程の「パン」を小さくちぎって鴨の方に投げると予想通り!

「奪い合ってました・・・」

仲良しとはいえ、背に腹は代えられないようですね~

Cimg7525_3

1番目の観光目標地点!オランダ最古の橋に到着~♬

この街の名前の由来。街のド真ん中を流れる「マース川」

そこに架かる『St.Servaasbrug/聖セルファース橋』は、13世紀に旧市街地と新市街地を繋ぐ橋としてつくられました。

橋の下を船がくぐる時には、この橋は「ギィいーンっupwardright」て上がるようですね~。

Cimg7529_2

橋の向こうは「旧市街地」です。

それにしても、自転車人口がやたらと多いような・・・

しかも、スクーターを運転する人は「ノー・ヘル」だし・・・

Cimg7527_2

橋の真ん中辺りで、今来た新市街方向を振り返ってみました~。

ドイツ・ベルギーにほど近い街ということもあるのかもしれませんが、何だか街並みが「オランダらしくない」というか・・・

それもその筈~!「マーストリヒトは20回にも及び、街を支配する国が代わったという歴史的背景から、他のオランダの町とは違う雰囲気を醸し出している~」と、旅行本にも書かれていました。

マーストリヒトの街は過去「花いちもんめ」をしていた状態だったってことかぁ・・・でも、今はマース川の川の流れのように、皆にも穏やかな時が流れているように感じました。

|

« 赤ずきんちゃんの故郷へ~ | トップページ | ドイツを超えた旅~Holland編   おなかのへるうた »

旅日記:オランダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/45860638

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツを超えた旅~Holland編   花いちもんめ:

« 赤ずきんちゃんの故郷へ~ | トップページ | ドイツを超えた旅~Holland編   おなかのへるうた »