« ドイツを超えた旅~England編Ⅸ プーさんに逢いに♪ | トップページ | ドイツを超えた旅~England編Ⅺ 父親心は複雑? »

ドイツを超えた旅~England編Ⅹ 7姉妹&戦いの場

Cimg77094
プーさんの森『ハートフィールド』から本日の宿泊地『Canterbury/カンタベリー』を目指します~

もちろん、あちこち寄り道しながらですが・・・

イギリス海峡沿いのイーストボーンとブライトンの間にある「真っ白な7つの断崖絶壁」を持つ『Seven Sisters/セブンシスターズ』に立ち寄ります~

Cimg8165_2

鬱蒼と茂った森から景色は一変して、草原が広がり海の藍色が見えてきます。

Cimg8169

ギリシャ神話のプレアデス7姉妹にちなんでこの呼び名を付けたのかなぁ?おうし座の中にあるプレアデス星団~オーリーオーンに5年もの間ストーカーされ、女神アルテミスの助けで鳩に化身し、彼から逃れるために逃げ込んだのがおうし座だった・・・と記憶していますがshine

Cimg77096

セブンシスターズでは、一昨年完結してしまったハリー・ポッターシリーズでお馴染みの『ハリーポッターと炎のゴブレット』や、「四重人格」を基に若者たちの暴走・愛・挫折などを描いた青春映画『さらば青春の光』。そして、ハリーポッターシリーズで最終話で絶命してしまった「セブルス・スネイプ」を演じた「アラン・リックマン」主演の『ロビンフッド』などの映画の撮影が行われた場所でもあります。

海風が気持ちいぃぃぃ・・・よりも、結構な風の強さ。

私が高い所が苦手なのを知っていて、崖っぷちぎりぎりに立って写真撮影をする夫・・・「恐いからやめて~ぇ」と絶叫してたら、外国人観光客(私の方が外国人ですが)に大爆笑されてしまいました。

「と」言いながらも、ちゃっかりと夫撮影の写真を頂戴しました♬

Cimg8177
何とか無事に地軸に僅か近付きました~

そして、「Battlefield」の地名標識を見つけてちょっと興味が湧き立ち、またまた寄り道をすることにしました。

その名も『Battle/バトル』です。

バトルの起源~book

イングランドの玉座を求め、フランスのノルマンディー地方から海を渡りイングランドにやって来た『ノルマンディー公ウィリアム』と、当時の『イングランド王ハロルド』が直接相対した戦いは『ヘイスティングスの戦い』と云われていますが、実際に戦った場所は「ココ」バトルなのです。

Cimg8190
1070年にヘイスティングの戦いで勝利し、晴れてイングランド王となったウィルアム1世が「この戦いで戦死したハロルド王がまさに!うち果てた場所」に弔いの意味を込め、この場所に修道院を建てることを誓ったのがバトル・アビーの起こりなのです~

Cimg8186

『Battle Abbey/バトル・アビー』では、日本語のオーディオ・ガイドを借り、館内の展示品を観てまわることが出来ますが、生憎私たちは閉館の30分前~だった為、城壁内沿い、建物の外周を歩いてみました。

Cimg8188

バトル・アビーの建物の真裏側には、柔らかな草っ原が広がっています。

Cimg8187

今は平和そうに見えるこの草っ原ですが、その昔1066年。この場所で「ノルマン軍」と「イングランド軍」の戦いがありました。

Cimg8189

草っ原でウサギたちが「その昔何事もなかったように」軽快なジャンプを見せてくれますが、何となく足が重くなり、記憶が遠くなる・・・そんな不思議な気分になりました。

人は何のために戦いうのでしょうか・・・?

眩いばかりの「草の緑」。そして澄みきった「真っ青な空」だけど、とにかく早くこの場所を立ち去りたい衝動にかられ、閉館までわずか・・・

足早にAbbey Gateを抜け、普段の世界に戻りました。

|

« ドイツを超えた旅~England編Ⅸ プーさんに逢いに♪ | トップページ | ドイツを超えた旅~England編Ⅺ 父親心は複雑? »

旅日記:イギリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076394/47323633

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツを超えた旅~England編Ⅹ 7姉妹&戦いの場:

« ドイツを超えた旅~England編Ⅸ プーさんに逢いに♪ | トップページ | ドイツを超えた旅~England編Ⅺ 父親心は複雑? »