カテゴリー「お祭ごと日記」の記事

Japan Weekイベント開催中

good日独交流150周年記念イベントが11月5日(土曜日)より、フランクフルトの街の5か所会場で始まりました。日本からおよそ1000人もの方々が舞台発表をされることもあり、街の中には日本人の姿~日本語がいろんな所から聞こえてきて、何だか不思議な感じがします。

Cimg5301

ドイツに来る前に住んでいた静岡県浜松市より「ちんドン屋さん」

Cimg5315

初日の土曜日は快晴sun

フランクフルト日本人国際学校の中学部1年生の生徒たちは、交流校とのホームスティもあり、現地校の生徒と一緒に法被を着て両手には鳴子を持ち『よさこい』の披露~ドイツの子供たちもはじめての経験で、はじめは「嫌だぁ~」なんて言ってましたが、それは日本の子供に負けないくらい元気に楽しそうに踊っていました。

Cimg5330

メイン会場には日本の自動車『スズキ』の展示車も!

Cimg5331

袢纏を着た呼び込みさんの「串カツ屋さん」

Japanw001

小さな肉・ブロッコリー・ミニトマトなど一口サイズ5本で€6。「現地調達食材でしょう~?」かなり値段が高すぎだわぁangry

Cimg5332

YOKOHAMAと看板がありますが、旅行案内してるのかなぁ?

Cimg5343

日本のラーメンじゃない『ラーメン屋』

作ってる人はどう見ても日本の方ではないような・・・。食べていた日本人が「不味い。食べられたものじゃない」と愚痴っていました。フランクフルトにあるラーメン屋さんのラーメンは、柔らかく延びきったような麺で「ネチョネチョ」した食感。味も塩っからっ!絶対に家でカップラーメンを食べる方が美味しいかも?「間違ってもコレが日本のラーメンだとドイツ人たちに思って欲しくない」って、彼女は言っていました。でも・・・ドイツの方々は柔らか麺がお好みのようです~Aber パンは歯が欠けるくらいおもいっきり硬いんですけどねぇ。

Cimg5335

大阪道頓堀から『たこ焼きくくる』

Cimg5337

たこ焼き実演を物珍しそうに見るドイツの方々。それはそれはものの見事に「クルっ」と回しいい匂いをまいています。「くくるのたこ焼き」はドイツ人にも人気のようで、日本から持ってきた蛸も「アっ」と云う間に使いきってしまい、この日も現地で蛸を調達し下準備をしたとか・・・。これも6個で€6・・・家で作ればいいのに・・・何故か食べたくなる~奮発して買いました。

Cimg5346

箱を見ると・・・この場で食べちゃえば箱はもったいない・・・ゴミ箱もかさ張るし資源の無駄遣い!「フランクフルトの街中にゴミを増やさないで!」「送料だって馬鹿にならなかった筈」だし「その分もう少し安く提供してください~。」って、お願いしたい・・・

Cimg5348

「1個€1」じっくり味わっていただきます♪日本で食べてたたこ焼きってどんなのだったか覚えていませんが「こんなのだったかな?」アツアツを異国で食べるから美味しく思えるような?

1個あたり約100円・・・

やっぱり自分で作ろう~

Cimg5350

開催4日目の夕刻。

舞台では琴の音と尺八の柔らかな音色~尺八はドイツ人の方が吹いていました。音まわしの時に軽く首を振る姿が「金八先生」のようで思わず笑みが・・・琴と尺八の音色に溶けこむように、静かに太陽が沈んでいきます。

Cimg5351

足早にすっかり日が暮れてしまいましたが、仕事を終えた方達がワインやビールを片手に、会場はまだまだ賑やかです。

ですが・・・たくさんの人ごみ。ドイツは比較的安全な国と言われていますが、それでも「スリ」には充分に気を付けて下さい。特に日本人の貴方・・・

Japan WeekイベントHPはこちら↓

http://www.japanweek2011.de/index.php?id=9&L=0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツで盆踊り~

女子ワールドカップサッカードイツ2011大会の応援と決勝戦進出の興奮で、ブログUpの日にちが前後しましたが、決勝戦前日の16日(土曜日)にフランクフルトでも『日独交流150周年記念式典』のイベント盆踊り大会が、フランクフルトの街中“Liebfrauenberg”で開催されました。

Cimg3971

会場には日独交流記念式典スタッフの方をはじめ、現地日本人学校に通う子供たち、そして買い物ついでに飛び入りで盆踊りを初体験するドイツの方の姿もありました。

Cimg4014_2

盆踊りの曲も『日独交流150周年』の為につくられたその名も「フランクフルト音頭」 dash ドイツの色んな街ではこのような「✿✿音頭」ってつくられたのかなぁ?(幾つかのドイツの都市名+音頭で検索しましたが見当たりませんでしたが・・・)

それにしてもこの「音頭」~前奏のあとの微妙な間とちょっと暗めのリズム・・・歌っているのは宇宙戦艦ヤマトのささきいさお?かと思っていましたが、違っていました~「折角ならもう少し明るめの、元気のあるリズムが良かったな~ぁ」と、思ったのは私だけでしょうか?

そして、「伊東へ行くならハ・ト・ヤ。電話はヨイフロ4126~」でおなじみ大漁節などなど数曲~

Cimg3976

ドイツで盆踊り・・・何時しか多くの見物客~noteフランクフルトに訪れていた観光客の方もデジカメを片手に盆踊りの様子を楽しんでいました。見物客の方々に浴衣や足袋についての質問をはじめ、盆踊りの始まりについての質問攻めでした。日本の清楚な装いや穏やかな文化にかなり関心のある方が多く「これもビックリ!」

そして何より14:00~17:00位まで途中休憩をしながらですが、汗だくになって踊り続けていたドイツ人のご年配の男性に大きな拍手を送りたいです。

盆踊りの〆は、やはり決勝戦を翌日に控えているなでしこJAPANの選手団に応援エールを!また、震災復興で頑張る日本に力を込めて「ガンバレ!」の拳を天に仰ぎました。

・・・大きい声では言えませんが非常に残念だったのは、予算の都合もあったのかもしれませんが、わざわざ浴衣を着て長~い時間参加してくれていた子供たちに何もお土産がなかったのは寂しかったな・・・

150周年記念だからと云うだけでなく、折角出来上がった「フランクフルト音頭」なので、来年も再来年も~ズーットずっと盆踊り大会として根付いてもらいたいなぁ~日本を離れ頑張っている私たちにも年に一度の楽しみとご褒美をください~これは声を大にして発言します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復活祭、そして春の花火~

いよいよイースター(復活祭)休暇がはじまりました。今年のイースター(ドイツ語→Ostern/オースタン)は4月24日(日曜日)です。

復活祭は十字架にかけられて死んでしまった〝イエス・キリスト〟が、その3日後に魂の復活をしたことがはじまりです。復活祭の日は毎年変わり『暦上の春分の日』当日あるいは、それ以降の最初の暦の上の満月(新月から数えて14日目)を過ぎたあとの『最初の日曜日』が復活祭になるので、今年は4月24日なのです~

と、いっても私はよくわかっていませんが・・・それで、ドイツのカレンダーには『月の満ち欠け「朔望」』が載ったものが多く見られるのは、その為だったのかなぁ?

また、この頃には『イースター・エッグ』や『イースター・バニー』が飾られます。

Cimg3168

イースター・エッグはヒナが卵から生まれることを「イエス・キリストが復活したこと」に結びつけたものとも「長く寒い冬が終わり、草花そして木々の再び甦る喜びを表した」ともいわれているます。

Cimg2730

Frankfurt中央駅構内に鈴でつくられた「イースター・バニー」

イースター・バニーはドイツでは復活祭の時に、「うさぎ」がイースター・エッグを運んでくる~(産むとも?)と、されていて、とても愛されています。うさぎはもともと子供をたくさん生むので「生命の象徴」とされていて「飛び跳ね回る様子」を『生命の躍動』と表しているとか?この時期にいろんな種類のうさぎの形のチョコレートがお店で販売されています~

さて、イースター好例のEissporthalleの移動遊園地がやって参りました~

移動遊園地〝開催初日〟夕闇になった頃~「ヒュールルっっっドーン!」と元気な音が!

Cimg2969_3

お風呂上がりの娘が、バスタオル一枚で窓を全開にして花火観戦。「コラぁ!あんた風邪ひくよ~」それでも「たまや~ん」なんて暢気に・・・

私はテラスに出て、しばし花火観戦。

Cimg2984_7

花火の音でお腹の皮が揺れる感じ~少し時間差で、「ヲォ~」と言う歓声まで聞こえてくる・・・

「うぎゃー」「スゴっ」これでもか!と言うほど「花火の連打!」 いよいよビールとアイスクリームの季節到来~って感じ・・・

Eissporthalleの移動遊園地は4月15日(金曜日)から5月8日(日曜日)まで開催されています。詳しくはこちらをご参照くださいbell

http://www.frankfurt-tourismus.de/cms/tourismussuite/en/events_trade_fairs_messe_frankfurt/dippemess_folk_festival_fair_frankfurt.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Frankfurtマラソン

20096_057 J.P. Morgan Chase Corporate ChallengeのStart地点 ★★★

6月の中旬に開催された『Frankfurtマラソン』shoe 実は・・・ある事情で、この写真は“封印”されていました。

夫は去年に引き続き、職場の現地社員と「共に汗をかき、共に感動をしたい」と望んでいたのですが、ある情報に影響された参加仲間の一人の「どうでもいい一言」のおかげで、この日を楽しみにしていた夫はあえなく「出場を辞退」する羽目に相成りまして・・・But夫はこの数日前よりひどい風邪を患っていて、ある意味「不幸中の幸い」だったのかも知れませんcoldsweats01

お父さんの頑張って走りぬく姿を楽しみにしていた娘は出場辞退の話を聞き、非常に残念がっていましたcrying私も「お父さんはスゴイ」ってところを、娘に見せたかった~

ともかく、このマラソンは去年、ギネスブックに載るほどの参加者!マラソンのスタート地点は市内の中心部の2地点。およそ5.6kmのコースを参加者たちは走り抜けます~19:30のスタートに合わせ、開催2時間前くらいからマラソンコース周辺の道路交通規制が着々と始まり一層雰囲気を盛り上げていました。

20096_063 走り終わった参加者たち ★★

参加しない夫でしたが、我が家も交通規制の対象地域なので早く帰宅~。「ねーマラソン見に行こうよ~」「今日は夕飯外食しようよぉ~」と、言ってもフテクサレてベットに横になったまま!“私の逆切れ効果?”(夫にはこの手が一番効果的なんです)で、何とか戸外への連れ出しに成功goodゴール地点では、沿道の応援者。そして続々とマラソンを終えた人達で熱気ムンムン状態。「早く食べに行かんと、いっぱいになって席なくなるゾ~」と言われ、ランナー達を横目で「チラッ」と見ただけで、近くのチョットだけ美味しいラーメン屋さんへ・・・「お父さんまだ、拗ねてる!?まったく子供と変わんないッ」と、娘の可愛げのないトゲのある一言。(「あ~」言っちゃった~!もう10歳なんだから空気ヨンデthunder

20096_062 ラーメン屋を後にして、自宅に向かう途中ペットボトルとバナナの皮が散乱している光景をsweat02「うちゃ~」

20096_059 ここまで器用に積み重ねて~ある意味関心してしまったわァ~flair

Bockenheimer Landstrには、バナナとスポーツドリンクが山積みにされたテーブルが並べられ、参加者は自由にお持ち帰り~。先程のゴミの山もこれらの残骸でして・・・私達は昨年と同様、バナナとスポーツドリンクを持てる限りいただきました~noteもっとウワテがいまして、バナナは箱ごと・スポーツドリンクはケースごと持って帰る人も・・・「スゴォ」

翌朝6時ごろから「ガガガガァァァ~」と、清掃車が走る音。学校に向かう娘を地下鉄ホームまで見送った時には“塵”一つない、いつもと変わらない街に戻っていました~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)