カテゴリー「旅日記:日本」の記事

久し振りの日本へ~保険手続き&お好み焼き・スーパー銭湯編

日本を離れる際、5年分の生命保険金をまとめて支払ってきましたが、それも終わり・・・そこで今回の一時帰国中に「支払手続き」を済ませることに~

ですが、保険会社によっては「来年保険支払更新」であれば、今年内に手続きが出来なかったり、クレジットカード支払い不可や手続き上の違いも多々と・・・

一括現金入金にするにも、夫の口座からではATM引き落とし限度額があったり、もちろん夫の口座からとはいえ、勝手に引き落としが出来ず大変~。

まずは、日本に出発までにドイツでしなくちゃいけない事は、保険会社のHPで最寄りの支店の場所を確認し、電話料金の安い・・・今回はSkype通話を利用して直接生命保険会社の支店に電話をすることに~。

時差があるため、日本の営業終了時間は16:00まで~

ドイツ時間の9:00までに連絡をつけなければいけないので、大慌てで電話をかけまくりました。

あまりお付き合いのない支店では、こちらも要領を得ませんでしたが、田舎の父が何十年にもわたりお付き合いをしているセールスの方は、とっても親切♪わざわざドイツまで電話をかけてくださり、私が楽にできるように情報提供をしてくださいました。そして手続きに必要なものや手続き方法まで・・・日本はこんなに親身になって対応してくださるのか?と、感謝しました~

日本語通訳者に対する愚痴ですが・・・

長年ドイツに住む日本人の方が、開業医で通訳として雇われていますが、何故か白衣を着て且つ、患者の言葉をDrに通訳するわけでもなく自分の考えを付け加えて伝えたり・・・その上、日本企業はプライベート保険に加入しているので、医療費枠は↑↑なのでたくさーん検査しても医療費が取れ、「保険会社の支払いだから、あなたの負担にはならないでしょう~」と、はっきりと言われます。

これってオープンにボッタクリ医療してるのぉ?・・・

違法・・・じゃないんだ・・・

ついでに、ドイツの医療保険事情ですが~

ドイツでは、ほぼ!どの病院に行っても「保険の種類は?」と必ず聞かれます。そして、受付が直接保険会社に電話をして、医療費限度枠を確認するのです。枠が大きければそれだけ“welcome/ウエル・鴨”ですね~♬

もちろん電話で受診予約をする時に愛想なくあしらわれていても「プライベート保険です!」と言えば「1か月先まで予約いっぱい」と言ってたのに、いきなり「明日空いてます~」なんですよ!この変化に唖然とします。

ココでは当たり前の様ですが、それがわかっていても病気になれば病院に行かないわけにはいきませんよね。

日本語通訳さんへメッセージ~

ある病院のある通訳さん!彼女は必ず「忙しい」「面倒だ」「私には関係ない」と言葉を連打しますが、同じ日本人として「助けてあげたい・・・」という気持ちで仕事をされているのではないことを感じます。多分この方は特別だとは思いますが、日本人の柔らかな物腰と細やかな気遣いは捨てて欲しくないですね~特に海外で病気をして心も憔悴しているときならなおさら、強かさや傲慢な態度ではなく「癒し」が欲しいですね~。

ドイツでの病院選び~

くれぐれも、日本人の通訳さん皆さんではありません!日本人の仲間から情報収集して、病院選びは通訳さんも含めて選ばれることをお勧めします。

口コミ情報は「偉大」ですよぉ~

こんな経験をしていると、日本はレストラン一つを挙げても、もてなす気配りを大切にしている事に、素直に感動してしまいます。

手続きも無事終わり、この日は浜松帰省中にいつもお世話になっているMAYUMIさんと一緒に夕飯です~

向かった先は5年ぶりの『お好み焼本舗 浜松中沢店』まだ健在でした♪

Cmdj101111_2

お好み焼き本舗のHPです⇓⇓⇓

http://www.okonomiyaki-honpo.jp/

Cimg7754138_2

食べ放題・飲み放題もありますが、ここはノーマルに!

お願いをすれば焼いてくれますが、お好み焼きは自分で焼くのが楽しみの一つですよね~

Cimg774313234

葱たっぷり~の葱焼きbeer

ビールが欲しくなります。

Cimg7743132
そして・・・もんじゃ焼き!

見た目が美しくないので可愛そうなもんじゃ・・・でも、お出汁の味がとてもよく美味しゅうございました。

たらふくお好み焼きを食べて「大満足!」そしてココでMAYUMIさんとまたの再会を願いつつお別れし、次に向かった先は・・・

Cimg774313236

静岡県浜松市中区高林1丁目13−13にある『湯風景 しおりの湯』で温まって旅の疲れを癒すことに~。

お笑い番組を観ながらゆったりお湯につかり、ジャグジーで緩みかけたボディーを刺激し、そして一時間のマッサージを受けしばし幸せな時間を過ごしました。

『湯風景 しおりの湯』HPはコチラ⇓⇓⇓

http://www.yufukeishiori.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの日本へ~浜松餃子と運転免許編

日本帰国2日目~in浜松

浜松と云えば「鰻」「凧揚げ」「ウミガメの産卵」「浜名湖」「ピアノ」

そして「浜松餃子」を忘れてはいけません!

・・・と言っても、浜松に住んでいた3年間で「浜松餃子」たるものを食べたことがありませんでした。

Dscn0004

浜松焼き餃子~

Dscn0005_6

浜松水餃子~

中華屋さんの餃子と浜松餃子が「どう?」違うのかは判りませんでしたが、美味しかったです~。遠州育ちの豚肉と地元野菜を食材に使ってるのかな?

浜松には3年ぶりだけど、今回はわ・ず・か3日間だけの来訪なので、手続きなどやるべきことがたくさん・・・娘は「ナントかちゃんと何とか君と~」と小学校3年間のお友達に逢いたがっていましたが、今回逢うことは断念してもらいました。

絶対に外せない手続き其の一

運転免許所が切れて「1年半」経過してしまったので・・・

運転免許所の更新だけのために、ドイツから日本に行くことが出来ないので、仕方のないことなのですが、日本に住んでいない私たちにとっては、とっても「大変な手続き」だとは思いもよらなかったデス。

まずは交付先のHPで、運転免許失効した場合の手続き方法を検索し確認します。

ココでは海外在住者で免許失効3年以内の場合を記述しますpen

やむを得ない理由での執行についてcar

★失効6か月~3年以内

病気による入院や海外への留学などの、やむを得ない理由で失効後6か月以内に手続できなかった場合は、その理由が止んでから1か月以内に限って「所定の講習を受講」で失効後3年以内であれば学科試験・技能試験が免除され、視力等の適性試験に合格すれば運転免許が再取得できます。

※ただし、運転免許証が再取得とありますが、自動車免許は新発行となってしまい、これまでの運転歴はチャラ!もちろんゴールド免許ではなく、次回は3年後の更新になってしまいました・・・shock

また、講習も「新たに免許を取得する方」と一緒に受けるので、2時間の講習を受けることになりました・・・そして、分厚い交通安全の本!ドイツまで待って帰るにはちょっと!その分食料持って帰りたいな~でも、しばらくは娘が「暇だから読んどくよっ」と、標識とか見て楽しんでました。(結局は羽田のホテルでさようならしました。)

運転免許期限切れ手続きに必要な書類book

失効6か月~3年以内の場合

①本籍地を証明する書類(戸籍抄本1通)

  *住民票がないので住民票除票を発行してもらいました。

②一時帰国先を証明する書類

  *ホテルで滞在証明書を発行してもらいました。

③失効した運転免許証

④写真1枚(3㎝×2.4㎝)

⑤パスポート・海外運転免許証

※パスポートで免許失効前後の日本入国確認があります。再交付手続き期間内~失効期間内で日本滞在した場合、滞在日数によっては「やむを得ない理由の失効」に適応されない場合があります。なので、一時帰国の際には日本の運転免許更新期日を確認して、早めに手続きをされた方がいいかも知れません。

⑥海外在住ビザ

⑦免許更新のお知らせ通知書(公安委員会からの葉書)

⑧朱肉印鑑(×シャチハタ)・手数料

免許期限切れ手続きをするにあたって~paper

運転免許センターによっては、決まった時間だけしか交付受付をしていないところがあるようです。なので受付日時等については、最寄の運転免許センターに直接確認をしてから行った方がいいですね~。

書類が一つでも足りなければ、免許交付は受け付けてもらえないので、その時に必要書類なども確認された方がいいです。

免許交付までにかかる時間clock

講習の時間が2時間なので、私の場合12:45までに免許センターに行き、書類記載⇒視力適正検査⇒申請⇒手数料支払い⇒講習⇒運転免許証受給までのトータル時間3時間半はかかってしまいました。講習中「寝てる人がいたら免許証発行はしないよ~」って言ってましたが、寝息をたててる人・・・いましたねっ!

余談ですが・・・

講習では「飲酒運転」のDVDを観ました~宅間 伸さんが出てました♬お金かけて制作してるんですね~これは高ーい免許交付手数料の一部でつくられているのかな?ひょっとして、羽田のホテルに置いて来た「冊子」も?

パスポートの更新は海外の領事館で出来るのに、なぜ「運転免許証」は出来ないの?何とかしてください~しかも滞在先証明書が宿泊先ホテルなので、免許所の記載住所は縁もゆかりもない(3日間泊まっただけの)ホテルの住所だし・・・私の身分証明書の住所は「全部バラバラ」~。その為、日本で2つ以上の住所確認できるものを提示してくださいと言われても「ナイ」始末です・・・(+o+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りの日本へ~空港編

2日間の学校祭を終え、娘も私も「バテバテ状態」。

フランクフルト空港SAKURAラウンジbeer

フランクフルト空港に早めにチェックインし、SAKURA・ラウンジで一息・・・と思ったら。

「こちらの席、空いていますか?」と尋ねると、「今、お買い物に行ってるから30分ほどしたら戻るので・・・」だって!

食べ物をのせたトレーと、手荷物を引っ張っている人が他にもいるにもかかわらず、席にコートをかけ、お土産袋を「デーン」と置き、席を譲る気配さえない!

ドイツ人のご夫婦が、呆れた顔をして「彼らは何処の国の人なの?」って言ってたので、「残念ながら日本人ですsweat01」って答えたら「本当に残念ね・・・」って、同情されました。

日本人のお客さんっ!ドイツは秩序を重んずる国です。マナーも是非学習しましょうねpout

Proxy

全く・・・それにしても・・・

日本人の団体さん!おしゃべりの声も大きすぎょ!

同じ日本人だからこそ、気になってしまいます。
Sakura0112
先程のドイツ人ご夫婦が「私たちはゆっくりしたから、娘さんと2人でゆっくりお茶を楽しんで~」と、席を譲っていただき、ゼクト(発砲ワイン)にチップスをつまんで、しばしまったりと・・・

夫が「飛行機で出される軽食の“ですかい麺類シリーズ”があるから食べるといいよ~」って言ってたけど、どこにも見当たらない・・・残念!

そして、搭乗時間が来てようやく飛行機に・・・

時差ぼけ防止に「出来るだけビデオを見続け頑張って寝ないでいよう」としたけど、駄目だった・・・

娘は無睡眠だったらしいです~

出される食べ物は、有難くいただき11時間の家畜飼育状態の飛行を無事に終え、成田空港へ・・・

今回の旅は、かなりハード・スケジュールでして・・・

ドイツ⇒東京⇒名古屋⇒静岡⇒福岡⇒北海道⇒東京⇒ドイツまでの日本縦断の旅でした。

大きなスーツケース2個のうち一つを、北海道の実家に送り、乗り換え便の搭乗手続きを済ませ、荷物を預けます~

乗り換えまでの2時間半を、成田空港内で過ごします。

成田空港・国内携帯電話のレンタルmobilephone

iPhonを持っているので、日本一時帰国前に入念に「いかに日本国内で安く携帯電話が使えるか?」を探した結果、成田空港内でSoftbankのSIMカードをレンタルし、入れ替えて使うのが便利だし安いと知って、まずはSoftbankの取扱窓口を探すことに~

レンタルにはパスポートを提示し、iPhonの機種を伝え、後は必要事項を記入するだけ!そして、料金はクラレジットカードで¥40,000の仮払いをし、使った金額は用紙に記入しているメールアドレスに後日、利用料金がメールで送られ(利用終了から2週間後ほど)て来るという流れでした。

ドイツと違って、日本のホテルでは無料Wifiが利用できないところが多く、仕方なく一日¥1,500のWebを使いましたが、携帯電話ごとレンタルするよりお得だったわ~

※夫へワンギリで電話を掛けたのですが、たまたま夫も日本に出張中だったので、安心してましたが、夫は海外携帯電話を日本国内で使っているので、電話番号はドイツ国番号・・・その為、ワンギリでも海外通話になるので¥350懸かってしまいました。

・・・次回は気を付けなくっちゃ~

たこ焼き「たこぼん」成田空港店restaurant

Takobon01

ドイツでは蛸をgetできますが蛸丸ごと購入なので、ここしばらくは「こんにゃく」や「はんっぺん」でたこ焼きモドき・・・を楽しんでましたがやはりたこ焼きは「蛸」がなくっちゃ~タウリン・パワー不可欠ですrun

前回、一人で一時帰国をした時に見つけた「たこぼん」に、娘をぜひ連れて来たくって、半分眠そうな娘を連れて第2ターミナル・本館4階南側へ~

僅か8席ほどですが、たこ焼き屋さんだけに回転もよく空席あり♪

飛行機の中で、お腹はしっかり満たされていましたが、8個のたこ焼きは「アッ」という間に消えていました~pig

名古屋セントレア空港airplane

Nagosent0912

5年ぶりのセントレア空港~「なぞの旅人・フー」がお出迎えです。

ドイツを出発してここまでの総計時間「16時間」。ここからさらに高速バスに乗って1時間半~延ばして眠れるのは、まだ少し先です。

娘の小さな夢を叶えるため、コンビニを探し「コンビニ・おにぎり」をGetに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本へ緊急一時帰国~叔父を偲んで

Cimg6527

年明けから日も浅い頃~。日本に住む姉から仕事中の夫に一報が入った・・・そして、内容を私に伝言。

外国航路の船員で、年中家を留守にしていた父に代わり、私と姉を父以上にとても可愛がってくれていた、母の一番下の弟(叔父)の突然の訃報・・・

日本を離れて4年。ご無沙汰しているにも関わらず、毎年娘にお年玉を送ってくれ、2年前の春、日本に一時帰国した時にも体調が悪いにも関わらず、わざわざ逢いに来てくれるほどでした。

広島の原子爆弾投下で父親を亡くし、母たち兄弟は父親を亡くした悲しみを抱え、貧しさと戦争で大変な思いをしていた時代の最中に誕生した「大切な小さな命の誕生」に、誰もが笑顔でいっぱいになった~と聞いています。

父親を知らないで育った叔父でしたが、子供たちをそれは大切に育て、そして私たちにまで愛情を注いでくれ感謝でいっぱいです。

そんな叔父が・・・

姉とSkypeで話し、お互い時々声が詰まってしまって・・・

夜、帰宅した夫が「日本に帰ったら?」の言葉につれなく私は「帰らん!」と断固として言い張ったまま浅い眠りにつきました。そして眠ったような眠ってないようなスッキリしない頭と気持ちが落ち着かないまま、憎らしいほどの晴天のフランクフルトの朝を迎えました。

そして、娘を膝に乗せ娘の胸の中で泣きました・・・。

「お母さん、日本に行ってくるわ・・・」

娘は「お母さんの思うようにしたらいいよ」と、そーっと頭を撫でてくれました。

Cimg6528

そして、そこからが準備で大変!

往復の航空券の手配。

娘の学校へ持っていくお弁当の保存食作り。

荷物の準備。

日本円をかき集め~

そして夕刻。夫と娘に見送られ飛行機に乗り込みました。

Cimg6547_3

機内でも一睡もできないまま、叔父の思い出を回想しなんとな-く機内上映ビデオを眺め、機内恒例の「飲んで食べて」家畜状態の約12時間を過ごし、成田に到着。

そこからがまた大変だった~。

成田から福岡空港行の飛行機の出発時刻まで、約4時間の待ち時間。

その間、携帯電話をレンタルし、福岡空港に向かう飛行機の搭乗手続きをし荷物を預け・・・それでも時間はまだまだ!手荷物検査の係りのお姉さんに「この中に入って何か時間をつぶして楽しめるところがありますか?」と聞くと、「この中に入ってら、ラーメンやおにぎりなどの軽食しか食べるところがないので、国際線ロビー4階に行くとレストランやお土産屋さんもありますよ」と、笑顔で教えてくれました。

早速向かい、ちゃっかり家を出る前に娘から預かった「お土産リスト」を早速チェック!ご当地キーホルダーに、横にでっかく成長した娘への洋服・・・等々、2年ぶりの日本でのお買い物に汗しました。

そして、久し振りの日本で食べた最初の食事は何故ゆえに「おろしポン酢味・たこ焼き」でした。人間どんなことがあっても、おいしいものを食べると「ホッ~つ」と落ち着くものですね。

23時。福岡空港まで姉と下の娘が迎えに来てくれ、思い立って家を出て約20時間後~叔父にやっと逢えました・・・。

あれから2か月~

天国ではお父さんに逢えましたか?

きっと、お酒チビチビ飲みながら、これまでの出来事を面白おかしく語って聞かせているのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の八

4月7日(水曜日)

日本で購入したお土産や、調達した衣類・食料を前日、必死にスーツケースに詰め込み、空港まで宅配してもらいまして・・・この日は、北九州を離れます~

出発ぎりぎりまで「DS」で遊んでいた娘。DSが見当たらないことに気づき「出際に叱られる」ハメになりまして、落ち込んだ表情でしかも涙目のまま、タクシーに乗り込みました。

多分、「サヨナラ・・・」が、寂しかったのもあると思いますが、空港に着くまで娘は元気のないままでした・・・

新北九州空港でラーメンを昼食にし、小物のお土産を購入しいよいよ飛行機に乗り込みます。

今夜は、成田空港近くのHotelに泊まり、明日はFrankfurtに帰国します。また、この日は3週間ぶりに夫と再会!10日前から出張で日本に来ていましたが、逢うこともなく、電話で話すだけだったので、近況報告がきっと尽きないかも・・・sign02

4月8日(木曜日)

何はともあれ、病気も怪我もなく「日本一時帰国」の3週間を満喫できました。

ドイツに戻ってからの楽しみのひとつ・・・日本で『Wii Fit Plus』買っちゃいましたlovely

三日坊主の私ですが、気合いを入れて「日本で緩んだ体pig」を引き締めナクッチャ~

この後、帰宅してから恐ろしい現状に向かい合うことに・・・日本で美味しいモノ三昧をしたもので、5Kgもどこかにくっ付けて戻って来ちゃいましたshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の七

4月4日(日曜日)

姉の次女が中学生に今春からなり、入学のお祝いに記念写真を~camera

入院中の母も、この日は外出をして「家族一緒に記念写真を撮る」予定をたてていましたが、母の気分がすぐれず、非常に残念~weep

写真撮影後、豆腐料理専門の「梅の花」に~。コレマタ念願が叶いました。中庭に見える美しい「紅梅」が料理に一味加えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の六

3月23日(火曜日)

いよいよこの日は、私の生まれ育った「北九州」に向かいます。

娘は、従姉妹たちとの久し振りの再会に「胸をワクワク」。というより、どこに向かう時も「初めて体験する時」の様に、胸を躍らせているようです~

駅で実家へのお土産に『うなぎの蒲焼き』と『しらす干し』を購入、娘には「新幹線の中で食べるお弁当」を買うように頼みました。コレマタ久し振りに日本円を使うとあって、面白いくらい何度も何度も、掌でお金を確認していました・・・sweat01

およそ3時間程で小倉駅に到着、少し迷ってバス停を探したけれど乗り場が以前と変わっていて、仕方なくタクシーに・・・「ムムム・・・ドイツのタクシーの初乗り料金の方が、安いぞぉ~」

町中を離れ田圃道を抜けると姉の家が私達をむかえてくれます。さて、2週間お世話になります~きっと姉は、休みなしで仕事のはず、多分主婦業する事になるでしょうが、それもまた楽しみ!何せ、日本の食材を存分に使って料理が出来る事も「日本に一時帰国する楽しみの一つ」ですよね~

出迎えてくれた父。髪の毛もワズカに残る程度・・・父は、髪の毛はもちろんのこと、何十年も変わらないですが・・・心持ちっちゃくなったようなぁbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の五

3月22日(月曜日)

ゆっくり目覚め、その後Hotelから懐かしい街道を歩きましたshoe

そして娘のお気に入りだった店『ごはん屋』で、遅い朝食を~“トロトロ・ホクホクの厚焼き卵”“秋刀魚の塩焼き”“とろろ月見”“真っ白な炊きたてのご飯”~good「安くておいしい!」大大大満足sign03

この日の夜は、娘のピアノの先生でもあり、私の懐かしい友人宅にご招待を受けました。

2年前に日本を出発する前にも夕食をご馳走してもらいまして・・・この時は“牡蠣ごはん”“ししゃもフライ”“茶碗蒸し”だったなぁ~と、思いだしていました。

それに、何と言ってもご主人の「面白トーク」が最高のご馳走だった(ここで暴露出来ないのが非常に残念ですが・・・)今夜はどんな料理と話が聞けるのかワクワクsmile

待ち合わせ時間も迫っているにも関わらず、たくさんの買い物で時間を忘れてしまい慌てふためいてバスに乗りHotelへ・・・途中、お迎えの車に抜かされる始末!「本当にすみませんでした」

当時中学1年生だった「りっくん」も、高校生に~背もお母さんを追い越しすっか凛々しい青年の顔になっていて、私の方が小恥ずかしい様な・・・時間の経過を感じてしまいました。

夕飯は今夜も豪華におもてなし~“鶏ゴマ団子鍋”“納豆”“イカの塩辛”“炙り海苔”“真っ白なご飯”もう一品あったんだけど・・・何だったっケ?確か揚げものだったようなぁ・・・娘も私も久し振りのあたたかい家庭の食卓を楽しませてもらいました。

この後、ナ・ナントもう一人懐かしい顔に出会えました。変わらない活気のある声、半分騙されて連れて来られたようですが・・・家に帰ってから奥さんに叱られていなければいいのですが・・・翌日は仕事だというのに、遅い時間までお付き合いくださいましてありがとうございました。

H市で私達を迎えてくださった皆様、本当にありがとうございました。是非是非、ドイツの我が家にお越しください~お待ちしていますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の四

3月21日(日曜日)

高層階の部屋の窓から街を眺めると、薄っすら濁ったような景色が目に入り、そして太陽は形を現わしているけど、何重もの膜が張っているように見えるこの日・・・地域ニュースを見ていると「黄砂」の為だった~そんな中、娘と町の中心部にお買いものに~行き道はホテルから歩いてみましたshoe

結構強い風typhoon髪の毛も鶏冠のように突っ立って、お年頃の娘は「必死」に髪形を気にしている。鼻の中にジャリジャリしたものが入り、鼻をすすると口の中までが砂がぁ~「こういうときはドイツ人になるんだよ~!」と言って、ティッシュで思いっきり鼻をかみましたwobbly

映画館の入っているビルに立ち寄り、化粧品・衣類を調達。シバラク振りに目にするゲームセンターをチョットだけ巡回。あちこちのゲーム機から流れる音声や音楽で、「眩暈がしそう~」。ドイツには「ゲームセンター」なんて無いし、きっとドイツの人達が観たら「エネルギーの無駄遣い・・・って、思うかなぁ?」と、ふっと思いました。

時間つぶしをしてホテルに戻り、少しすると約束していたお友達が迎えに来てくれました。そしてS町の“ショッピングセンター”に向かいます。

そこで、懐かしい顔がお迎えを~家が近くて、娘が何時もひっつきもッつき遊んでいた少年が、チョットりりしい顔をして出迎えてくれました~。でも、時間の経過とともに「以前と全く変わらない男の子の顔」に、戻っていました。

ショッピングセンターを後にし、H市でも話題の『バウムクーヘンの店』が開店ていることを聞き早速調査へ・・・そして、夕食は友人の長男も合流し「パスタ料理」を食べ、この日一日も足早に過ぎました・・・

eye MEDAMA情報

バウムクーヘンはドイツ発祥のお菓子です。でも、ここのバームクーヘンはドイツのバームクーヘンとは違いますがお勧めですgood甘いもの好きの方!是非お試しくださいねっnote(「トロ~リ」とした、なめらかプリンも美味しかったですよ~)

治一郎(じいちろう)のバウムクーヘンのHP→

http://www.yataro.com/product/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本への一時帰国~♬其の三

3月20日(土曜日)

ドイツと変わらない肌寒い日本の朝。

この日は新幹線でドイツに来る前3年間住んでいた『静岡県H市』に向かいます~

ドイツ出発前にお友達にメールで連絡をとり、既に逢う約束をしていたので、娘も私も朝から「ワクワク~」。新幹線の車中、娘は「みんな変わってないかな~」「あったら何話そう~」と、興奮と緊張が入り乱れた表情でした。・・・いつの間にか私は眠っていましたがsleepy

次で降りる・・・と、いう絶好のタイミングで目覚め、寝ぼけた顔でないか洗面所でチェック!そして、手荷物の整理。新幹線の案内に流れる音楽がやたら陽気に聞こえるわぁ~

駅の周辺も2年前と全く変わらず、“ヨサコイ”の恰好をした若者たちで賑やかでした。それを眺めながらタクシーでホテルに向かい、少し仮眠をとり、夕方お友達との2年振りの再会・・・

ホテルまでわざわざ車で迎えに来てくれ、その足で以前住んでいたアパートの前を通り、予約していてくれていたお店で「もんじゃ焼き」を~note

町の景色。懐かしい顔。TVで流れる相撲中継。椅子の座り心地。どれもこれも2年間の空白を感じさせなかった・・・もんじゃ焼きも、お好み焼きもとても美味しく、リクエストで作ってくださった「生姜焼き」も特別に出してくれた「たくあん」も最高に美味しかった~そして、極めつけ「ビッグなかき氷~」シロップを自由に掛け、これぞとばかりに練乳を掛け「フワフワのかき氷」を5人で一瞬のうちに平らげてしまいましたdelicious

そして暗くなった頃近くの公園に向かい、準備してくれていた「花火」で童心に戻ってはしゃぎ遊び、この後も娘はお友達と暗い夜の公園で、鬼ごっこや遊具で思いっきり遊び、とても思い出深い時間をこの日も作ってもらいました~~~「ありがとうheart

でも、だんだん「じゃあまたね~」の時間が近付き、娘も以前と全く変わらない再会を思いっきり楽しみすぎて、「寂しげ」な表情に・・・。私ももちろん娘と同じ・・・。

日本滞在3日目・・・夜空の花火のように「一瞬のうち」に過ぎた気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧