カテゴリー「生活の知恵日記」の記事

草むらに潜む小さな影だにぃ・・・

Zecken04

気温も上がり、公園では日光浴を楽しんでいる方を多く見かけるようになりました~「ガ!」気になる看板も多く目にします。

〝 Vorsict Zecken ! ( ツェッケンに注意!)〟

これから暑くなるこの季節「蚊」や「蜂」にも気を付けなくてはいけませんが、ドイツでは「コレ」(蜘蛛ではありませんよ)にも充分に気を付けなくちゃいけません。

その正体は~~~~~ジャーんnote

Zecken02

(写真はツェッケンのリーフレットより~)

Zecken(ツェッケン)は欧州では一般的に見られる「真ダニ」のことで、寒い冬が終わり、ポカポカ日差しが心地よくなるころから顔を見せ始めます。あまり高い所に登らないのが特徴で大人の脛の高さぐらいの草などに潜んでいるトカ・・・卵から孵化した幼虫は0.5㎜程の大きさですが、成虫の雄は「2.5~3.5㎜」雌は「3.5~4.5㎜」と成長します。

このチッこい虫が、油断も隙もない奴でして・・・

Zecken01

公園でウォーキング中のひと休みで草むらに座ったら・・・「ぎゃぁぁぁぁぁ・・・」「なんじゃコリャぁ?」

人間であろうが犬であろうが、草むらを走り回る動物とみれば「吸いついて」来るのです~イワユル「吸血虫bomb」生き血を吸って生きてゆく・・・

Zecken10

(写真はツェッケンのリーフレットより~)

犬の血を吸えるだけ吸って、限りなく体を太らせて・・・見てるだけで頭が痒くなりますimpact

Zecken06

(写真はツェッケンのリーフレットより~)

ツェッケンの体が10倍は大きく膨れ上がってます!恐ろしや・・・

見れば見るほど「血豆/ちまめdash」に見える~Cimg3526_3 

Apotheke(薬局)で、ツェッケン専用(スプレー・タイプ)虫除けが売られています。お値段は€6.95です。

虫除けスプレーをしていたから、絶対に刺されない保証はありませんが、備えあれば患いなし!

公園や森の草の茂ったところに入り込む時には『長袖・長ズボン』を着用し、出来れば洋服の色は白っぽい方がツェッケンがくっ付いてもわかりやすいですね~そして、洋服の上からこのスプレーを「シューッ」としておけばより安心!

ツェッケンも知恵者で、血を吸うためには無駄な力を使いたくないようで、出来るだけ柔らかい部分を探し求めて移動するので、くっ付いていきなりは吸い始めないようです。私に止まったツェッケン君も、写真撮影中も動くでもなく、吸うでもなく・・・(若い肌でなくて困ってたのかも?)

Cimg3524

それでも、吸いついてしまわれたならば・・・

ツェッケン取り外しキッド?ならぬものも薬局で販売されていますが親指・人差し指さえあれば大丈夫!でも、魔女のような爪をもっていない方は、先の曲がったピンセットやそれ専用のものを使うほうがGoodかと思います。(私は爪が短いので、薬局に置いてある説明書についていた上記のような「無料ツェッケン抜き具」をストックしています。)

ツェッケンの抜き取り方~

① 慌てないでください。

② ツェッケンをつぶさないように「そーっと」引っ張り抜き出します。

③ その時、時計周りに回転をしながらゆっくり抜くのがコツです。

抜いた後は~

※ その部分をきれいに消毒をしておきましょう。

次のような時は病院へ行きましょう~

① 抜き取る際にツェッケンを潰してしまった。

② ツェッケンの抜き方が中途半端だぁ~

③ 頑張ったけど抜けなかった・・・

④ 問題なく抜けたけど、その部分が赤く腫れている!

⑤ 何だか心配で心配で・・・

ツェッケンと初夏脳炎ウィルス~

必ず、ツェッケン=初夏脳炎ウィルスと云う訳ではありません。ツェッケンは「蚊」と同じように「血を吸ってる間に殺されてなるものか」の意味もあるのか?血を提供してくれる相手に、ご親切に局所麻酔をかけてくれ、その後心ゆくまで血を吸います~。その時にツェッケンの唾液の中に初夏脳炎を起こすウイルスを持っている場合に初夏脳炎とやらを発症することがあります。症状は「インフルエンザ」に罹った時のように高い熱が出て、それに伴う頭痛や関節痛などの症状が出ます。症状がもっと進行してしまうと痙攣や神経の麻痺・・・そして重篤な状況になることもあります。

症状が出た場合は、対症療法で経過観察をしていきますが、初夏脳炎は予防することができます~

初夏脳炎の予防注射~

予防注射の回数は合計3回です。

1回目予防注射を接種 → 2週間後~2カ月までの間に2回目の追加予防注射を接種 → 半年後~1年後に3回目の再々追加予防注射を接種します。

※ 接種時期(1回目~3回目)は参考までです。実際に病院へ行くと若干違っていましたが、担当の先生が次回の接種日程を説明してくださいます。その時の体調などにより異なってくることがあるので、よく相談の上、予防接種を実施するとよいでしょう~。

出来る事ならば、野山を駆け回る季節から逆算して「予防注射の接種日程」を決められることをお勧めします~ですが、この注射はあくまでも「初夏脳炎の予防目的」なので、ツェッケンに刺されない・・・と、云うものではありません。coldsweats01

神経ボレリア症~

100匹に1匹「ボレリア・バクテリア」を持っているツェッケンがいるとか・・・運悪くこのバクテリアを持ったツェッケに刺されると、初夏脳炎を発症するよりも確率が高くなります。ですが、残念ながらこの予防注射はありませんが、たとえ刺された場合でも早いうち(24時間内)に抗生物質の注射をすることで発症を食い止める事ができるそうです。

不安ばかりカキタテテなければいいのですが・・・

せっかくの気持ちのよい季節~短い夏を満喫して、もし草むらの「小さな厄介者」に出くわして悪戯をされても、慌てないで参考にしていただければ嬉しいです~ 

by しょこら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すぐれ物に感謝~衣類の汚れには「これ」

突然の思いつきで1泊2日のスキー旅行から、無事Frankfurtの我が家へ~

夫の真っ白なスキーウェアーとバスルームで格闘する事に!

クリニングに出すにも、あまりにも酷い泥汚れbombある程度「泥汚れを落として~」と思い、入浴がてら浴槽で〝揉んで〟〝踏んで〟〝シャワーの水圧作戦〟

「そうだ!」

醤油やケチャップの汚れにも頑張って「パワー発揮」してくれた洗剤を使うことに!

Cimg2944_2 日本でいえば『マツ■ト・キヨシ』とか『ス●薬局』といった感じのお店~『dm』で購入した優れ物!『Denk mit Gallseife』一本€1.75と日本円にすれば200円位。

泥汚れに発揮してもらいました!

蓋を開けるとブラシの頭が付いていて、汚れのヒドイ生地に「プシュっ」と洗剤を少し出し、ブラシでちょっと擦ってそのまま洗濯機に入れてもヨシ!

今回は、浴槽に湯を溜めて少しばかり洗剤を入れ、揉み洗い~

「泥が出るわ出るわ」おもしろいくらい泥が・・・すっぽんぽんな事を忘れてました・・・ついでに私も綺麗になれればいいのにな~(これは無理な話です)

この後、テラスに干すこと約2日・・・クリニングに出すことなく、防水スプレーをかけ夫の真っ白いスキーウェアーは来年のスキーシーズンをお利口に待つのですsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)