カテゴリー「旅日記ルクセンブルク大公国」の記事

2011クリスマス・マルクトめぐり~Großherzogtum Luxembourg編

12月11日(日曜日)

ドイツ南西に位置するトリーアの街を後にし、南側にフランス。北と西側にベルギー。さらには東側にはドイツに囲まれた神奈川県と同じくらいの大きさの小国、『Großherzogtum Luxemburg/ルクセンブルク大公国』のクリスマス・マルクトまで足を延ばすことに~rvcar

Luxmap001_3

ルクセンブルクの悲しい伝説~book

ルクセンブルク出身の友人が子供の頃、お祖母さんに教わった話だそうです~

時は、西暦(ユリウス暦)963年(日本:応和3年)。アルデンヌ家のジーゲフロイト(Sigefroid)伯爵がルシリンブルク山に城を築き、そして城を城壁で取り囲みました。

これが今の『ルクセンブルク市(首都)の原型』となったのです。

念願の自分の城を完成させたジーゲフロイト伯爵は、Mélusineという名前の女性と結婚をしますが

彼女は・・・実は・・・

人魚だったのですpisces

そうとは知らず彼は結婚をしましたが、月日が経つうちに彼は妻の行動を不思議に思うようになり、遂にある日Mélusineの実の姿を知ることになったのです。

事実を知られた妻のMélusineはそれはそれは悲しみ、日差しを浴びて解ける雪のように、街の石壁の中に消えてしまいました~

・・・彼の事をたいへん愛していたMélusineは7年ごとに美しい女性となり、またある時は蛇の化身となりジーゲフロイト伯爵の前に姿を現したのです。

ジーゲフロイト伯爵も心より妻を愛していたので、消えた妻の事を思い続け悲しんでいました。ですが、Mélusineがそのようにして表れているとは知らなかった彼は美女にも蛇にも大層不気味がり、毛嫌いをし、少しも側に近寄らせることはありませんでした。

彼の口づけでMélusineが元の姿に戻れることも知らず・・・

そして、長い年月が過ぎMélusineは遂に、完全に岩の中へ消えてしまい二度と化身としても姿を見せる事はなくなったのです~

さて車を駐車場に止めて、クリスマス・マルクト会場へGoshoe

ルクセンブルク大公国は1994年『古い街並みと要塞群』として、ユネスコ世界遺産に登録されているのです。

Cimg5749

『CathédraleNotre-Dame/ノートル・ダム大聖堂』

1613年~1621年の「わずか8年」と短い期間で建造されたイエズス会の教会です。

Cimg5752

旧市街中心部がクリスマス・マルクト会場となっていて、広場の東側には『自治宮殿』が建っています。(宮殿と呼ばれるには小さいような気も・・・?)

Cimg5757

コのクリスマス・ツリー「ずんぐり・むっくりしているなぁ~」

Cimg5753

アーモンドを磨り潰し、砂糖などを混ぜて半固形状にしたものの「マジパン」。色づけしていろいろな形を作ったり、ケーキの飾りとしたり~と、「食べられる飾り」です。

幸せを呼ぶ「豚」や「てんとう虫」の形をしたマジパンをはじめ、ちょっと「エッチな形」のものも~

食べるには「ちょっと・・・ねぇ」happy02

それに「マジパン」は、然程美味しいものではありませンし~(好みもありますが!)

Cimg5758

聖母マリアの横顔がナントも美しい~ルクセンブルクの『Krippe(クリッペ)』。

Cimg5761_2 Cimg5762_2 Cimg5763

左:オマールエビのスープ 中央:生牡蠣  右:ムール貝のパスタ

フランスの文化(食文化含む)のこの国。ルクセンブルクに来た目的は今回も「生牡蠣」!

でも・・・生牡蠣に対応できるほどイマイチ体調がよくなくって・・・待たされて待たされて・・・料理がテーブルに来ましたが、生牡蠣は4個だけsweat02食べました。

体調のせいもあってか、あまり「美味しい!」って思えなかった~

「残念」

娘が注文したムール貝のパスタの食べ残しを味見程度に少し・・・ドイツ人好みの茹で過ぎたパスタ麺だったけど、濃厚な魚介スープの味は「なかなか美味」でした。

Cimg5767

街のケーキ屋さんには「美味しそうなケーキが」陳列されていて、モンブランが私を呼んでいましたが「ココで食べるにもお腹いっぱい」だし、「家まで持って帰って暁には原型をとどめていないかも?」と思い、潔くあきらめました。

Cimg5765

屋台いっぱいにかけられた「サンタ・コスチューム」が、冷たい風に可愛く揺れています。会場の舞台上では地元の子供たちがクリスマスの歌を合唱しています。

クリスマスまであと少し・・・娘は未だに「欲しいものが決まらない」と、サンタへの手紙が書けていないようで~

お願いだから「日本のものは希望しないでね~ぇ」present

| | コメント (1) | トラックバック (0)