カテゴリー「なんちゃって国際討論会日記」の記事

5カ国女子会国際討論~オレオレ詐欺編

15grundeinkommen5ade90cc

気の向いた時に集まる、お茶会の席で白熱したお話をひとつ~。

今回も「何かニュースはない?」っと、いつでも何にでも興味深々のドイツ人のBrigittaさん。

「日本では「オレオレ詐欺」ってものがあって、今では呼び名も変わっているらしいけど、未だに形を変えながら、匠にお年寄りを騙し続けているんだ...」と私が話すと~

皆さん“Warum in aller welt???”(どうしてこの世界の中でそんなことが...???みたいな )と、声高々に不思議なこの詐欺事件について、「もっと詳しく」ということで、i Phoneで「オレオレ詐欺」と検索!!

「オレオレ詐欺」って~呼び名改め「振り込め詐欺」→「母さん助けて詐欺」

2004年11月までは、“オレオレ詐欺”と呼ばれていましたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったために、「架空請求詐欺」や「融資保証金詐欺」などと合わせる形で、2004年12月9日に、警察庁によって統一名称として「振り込め詐欺」と呼ぶことが決定されました。2013年5月12日に、再び現状に合わなくなったことより「母さん助けて詐欺」など3名称と併用することが決まったそうです。Wikipediaより~

...と、電子辞書片手に下手くそなドイツ語で、一通り「オレオレ詐欺」(この呼び名に慣れていて...)説明すると、皆さん...お茶会がいつの間にか『国際討論会』になってしまいまして(((゜Д゜;)))

Images2wlfp3iu

ドイツ:Brigittaさん→そもそも何故、日本人はいつまでたっても子供を自立させないの?

イギリス:Elenaさん→イギリスでも似たような詐欺はあるけど、わかりやすい嘘に騙されるのは不愉快ねぇ。

イタリア:Paolaさん→あらぁ~っ!愉快じゃないの...イタリアの詐欺はもっと巧妙よ。

あらあら...Brigittaさんはますます眉間に皺を寄せて、口はへの字状態!

フランス:Florineさん→私も不愉快な事件だと思う。それにしても年の行った子供や孫に、何故いつまでも援助するのか理解できない。

ドイツ:Brigittaさん→私もそう思って、それが不愉快なのよ!

イギリス:Elenaさん→それはそうかもしれないけど、子供を心配するのは当たり前。

ドイツ:Brigittaさん→それがいけないのよ!

㊟ ドイツ語には男性・女性・中性名詞はありますが「なのよ~ぉ」「だわぁ~」などと、日本語のように可愛らしく使う女性言葉は等は無いようですが、私の感覚でつい女性言葉で和訳しています...

一瞬ザワメキ|゚Д゚)))

ドイツ:Brigittaさん→18歳までは国もしっかり支えて勉強が出来る機会を与え、親もしっかり自立する力をつけてやるべきでしょう~。それから先は、何があっても自分のチカラで考えて生活をしていくべきじゃないの?(一部わかりにくい話でしたが...)それができない限りは、くだらない詐欺に引っかかり続けるわ!絶対におかしいわよぉ。

☆.。.:*・さらに話は白熱していきました...恐るべし60代女子!!永遠と3時間もこの討論会は続きました...オブザーバーの私は紅茶でお腹「タプっタプ~っ」

私の感想:確かに子供は子供で、いつまでも気になる存在だと思うし、愛おしく大切な存在です。でも、所有物ではないので、個人として尊重して、あるときは突き放さなきゃいけないな...と、思っています。我が子には嫌な思いや、苦労をさせたくない~と、つい楽な道を作ってやりたくなるものだけど、そこは「グーッ」と我慢をして...ですね~。

汗水たらして働いたお金を、詐欺なんぞで楽して稼ぐことしか知らない人に引っかかって、湯水のように大切なお金を使われないようにしませんと~

| | コメント (2) | トラックバック (0)